大矢蒲鉾商店のかまぼこで板わさ
江戸時代から続く伝統のかまぼこ

大矢蒲鉾商店 六代目からのごあいさつ

1900年以上の歴史を持つ街 熱田。その中心となるのが熱田神宮です。
幾多の英雄を輩出し、幾多の災害を乗り越えた街
その熱田の御膝元で、1860年(江戸時代後期)初代 大矢清吉により創業をし
二代目 大矢 庄太郎は明治中期に細工蒲鉾の名人と呼ばれる職人でした。
三代目 大矢 常七は庄太郎の技術を継承するとともに太平洋戦争・戦後の復興といった
荒波を乗り越え名古屋中央卸売市場の開場に尽力し時の名古屋市長より感謝状をいただきました。
四代目 大矢 常一は大量生産の礎となった機械技術の導入。機械製造と手作り技術の融合を図りました。
五代目 大矢 憲一は経済低迷期の荒波の中、 継承した味と技を日々研鑽し現在も守り続けています。

現在六代目 大矢 晃敬となり、保存料無添加。安心安全で美味しい商品を昔も今もかわらず
お届けできるよう日々精進しております。
150年研鑽し美味しい蒲鉾を作り続けることができましたのも、ひとえに御寵愛いただけるお客様のおかげでございます。
今後とも、ますますの御贔屓・御愛顧賜りますよう従業員一同お願い致します。

大矢かまぼこ 六代目

大矢 晃敬

こだわり抜いた百年の味

100年の歴史を持つ伝統の味を、代々のこだわりから現在注文可能な商品ラインアップまでご紹介

商品を注文する

この度はご注文のご検討、誠にありがとうございます。

現在大矢かまぼこでは、電話、FAX、メール、オンラインショップでのかまぼこの注文を承っております。
電話、FAX、メールに関しては、左の注文ボタンを押した先のお問い合わせページに詳細を記載しております。